ニキビへの対処

ニキビが出来た後によくあるのがクレーターのような肌のくぼみや肌に黒い跡が残ってしまうことです。

クレーターの問題は専門の医療機関である皮膚科で診察をうけないと解決しませんが、黒ずみのトラブルは美白化粧品で時間をかけて薄くしていく事が可能です。一般的にニキビになると潰してしまう方が確立的に多いようです。しかし、跡が気になるから潰すな、というのがよく言われていることです。できるだけ早く治すには、ニキビ専用の薬が最も効果的だと思います。潰したニキビ跡にも効果があります。洗顔後に化粧水・乳液で肌をケアして、ニキビのところにだけ薬を使います。ニキビの原因はアクネ菌ですので、フェイスタオルやメイク用のスポンジといった肌に触れる物を何人かで共有していたり、肌に直接触れてほったらかにして洗わずにいると、自分もニキビになってしまう畏れがあります。また、自分のニキビを触った手で、顔を触ってしまうと、そこにもニキビができる可能性があります。

ニキビは誰でも出来るだけ早く改善させたいものです。早くニキビを改善させるためにも、とにかく手で触れないようにするのが肝心です。雑菌が付いて汚い手で触ってしまうと、ニキビを悪化させてしまいますし、いじりすぎると肌に傷をつけてしまいます。ニキビをケアする洗顔料や化粧水など、ニキビに効き目があるとされる商品がドラッグストアなどで売っています。しかし、商品数が多いため、自分自身のニキビに合う商品を発見するのは至難の業です。サンプルなどがが配られていれば試供品を使用してみて自分の肌に合えば買うようにするとよいと思います。

ニキビへの対処は、どれほど眠くてもメイクは絶対に落として眠ることです。化粧をすることにより、お肌には甚だしくダメージがあると思うので、お肌に息抜きをさせてあげたいのです。クレンジング化粧品にも気を使っています。オイル系や拭い取るタイプなどいろいろなものを使ってきましたが、ミルクベースのメイク落としがお肌への作用がマイルドだと思いました。ニキビとご飯内容は密接にかかわっています。食生活を健全にすることはニキビが減ることにも繋がります。食生活は野菜中心のメニューに変えて、なるべくビタミンやミネラルを取りこむようにしましょう。野菜には食物繊維(人間にとって必要な栄養素の一つであると考えられています)が豊富に含まれているので、便秘を解消する点からも、ニキビを減らす効果があります。ひどいニキビができてしまった時には、洗顔でピーリングを行っています。ピーリングを初めてした時には、肌に少しヒリヒリした感覚がありました。それで、怖くなってしまって即座にやめたのですが、お肌が正常な状態になったら、そんなヒリヒリした感覚がなくなって、キレイにニキビが改善できました。

その後は、ニキビを見つけるとピーリングをしています。ニキビを作らないようにする上で大事なのは、菌の温床にならない環境をつくることです。ファンデーションのパフに汚れが付いたまま、枕カバーを長年洗っていない、手で直接肌に触るといったことは、顔に菌を塗っているのと同じです。普段から清潔にできるように意識していきましょう。おかあさんがとてもニキビ肌で、私本人も中学からニキビに悩まされ、大人になった現状でも、よくニキビができてしまうので、顔のケアは意識してやっています。

そして、みっつになる娘も早くも鼻の周りの毛穴に角質がつまり始めています。残念なことにミスなくニキビができやすい肌になりそうです。

遺伝とは恐ろしいものだと思いました。